ライブハウスPAが勧める。ライブ行くなら「耳栓(イヤープロテクター)」は念のため持っていくべし。

目次

対象読者

ライブ(ライブハウス、クラブなど)に初めて行く、もしくはあまり行ったことがない人
ライブで耳栓(イヤープロテクター)を持って行かずに後悔したことがある人
使い勝手の良い耳栓(イヤープロテクター)の選び方を知りたい人
とりあえず筆者が使っているものを紹介してほしい人

ライブハウスでのライブは稀に苦痛に感じる人が出るほど大きな音になることがあります。
無理をして大音量に晒されていると、音響外傷や難聴によって若くして耳が聴こえにくくなってしまうリスクがあります。
そうしたリスクを回避するために、聴覚保護をしながら会場での音楽を楽しむ有効なアイテム「耳栓(イヤープロテクター)」の紹介をします。

音楽ライブ鑑賞における耳栓の役割

この記事を書いている村人BはライブハウスでPAエンジニアをやっております。
そんな私が仕事に行く時の必需品のひとつに「耳栓(イヤープロテクター)」があります。

PAなら耳栓が必要ないくらいのちょうど良い音量に調整してよ!それも仕事でしょ!

と思われるかもしれません。
それは当然であり、心得ているのですがPA側では音量をコントロールしきれない都合もあります。

それらは主に

  • アーティストの音楽性により、その表現の一環として大音量が求められる(主にラウド系、ノイズ系のジャンル)
  • 人によって「辛い」と感じる音量には実は個人差がある

という理由からです。

そのため「自分の聴覚は自分で守る」という意識が必要なのです。
その手段のひとつとして、耳栓はぜひ持っておいていただきたいアイテムです。

耳栓があれば、もし辛いほどの大音量に晒されても音量を軽減でき、快適に音楽に集中することができます。

選ぶなら音楽用の耳栓

耳栓の種類は睡眠時用、勉強用などもありますが、音楽用の耳栓を選んでください。
ちょっと高めですが、他に比べてある程度周波数バランスを保った状態で音量感を下げることができます。
平たくいうと自然な聴こえ方は保ちながら音を軽減できるということです。

ちなみに私が使っているのはこちらです。
今ならAmazonよりサウンドハウスで買った方が600円程度安いみたいです。

私はどちらのサイズが合うか分からなかったのでラージサイズとスタンダードサイズの両方入ったこちらを買いました。使っているのはほとんどスタンダードサイズだけなので、スタンダードサイズだけ買えばよかったかもしれません。

「この耳栓をつけると20dB音量を軽減できる」と書いてありますが、いまいち想像しにくいですね。
個人的な感触としては「テレビのボリュームでいうと3 ~ 5目盛り下げる」くらいの効果があると感じます。

ネックコード(イヤホンのコードみたいに左右の耳栓を繋げておけるヒモ)も付いているので、使わない時は首から掛けておけるし、落としてしまう心配が減っているのも気が利いていると感じます。
ライブハウスの観客席は大体暗めなので、小さいものを落としてしまうと探すのが大変です。

着けていてあまり目立たないのも良いです。

ライブで耳栓つけても失礼じゃない

Photo by cottonbro from Pexels

ライブで耳栓をつけると「あなたの音楽は聴きたくない」というメッセージに捉えられてしまいそうな気もします。
しかし本当に聴きたくなければ、ライブスペースを出てドア一枚隔てた休憩スペースに移動することもできます。

応援している、好きなアーティストの演奏やパフォーマンスを聴きたい。
ライブ会場だから体感できる低音の身体に響く感じや、アーティストと同じ空間を共有している感じが欲しい。

音量が大きくて辛いのは避けたい。
音響外傷や難聴の心配はしたくない。快く音楽に集中したい。

それらの希望を叶える上で「耳栓をつけてライブを鑑賞する」のは賢明な判断だと私は考えます。
PAの私も必要な時は着けるので大丈夫です!笑。

繰り返しになりますが、人によって音量に対する敏感さは異なります。
加えていうなら、疲労や睡眠不足やアルコールの摂取によっても音に対しての敏感さは変わるそうです。
PAを含めた他人の調整に頼っているだけでは解決しません。

念のために補足しておくと、ライブハウスのライブが常にしんどいくらいの大音量なわけではありません。
私の体感では「耳栓がないとしんどいライブ」というのは10回に1回くらいです。
(ライブハウスの特色として主にラウド系を扱ったりしているところは話が別かもしれません。)

耳栓は「使わないかもしれないけれど、持っておいた方が安心なもの」としてひとつ(一組)持っておくことをお勧めします。

まとめ

今回の記事では「音楽ライブに行くなら念のために耳栓(イヤープロテクター)持っていった方がいい」ということを説明しました。

筆者のオススメする選び方のポイントは

音楽用の耳栓であること(周波数バランスを大きく崩すことなく自然に近い感じで音量を軽減できる)
ネックコードが付いている(落としにくい、首に掛けておける)
着けていても目立ちにくい

の3つでした。

「若くして難聴になってしまう!」なんて事のないよう、聴覚を適宜保護しつつ末長く音楽を楽しみましょう!

最後にもう一度、筆者が普段仕事含め使っている耳栓(イヤープロテクター)を載せておきます。

女性の方や小柄な方はスタンダードサイズのみのこちらで良いかもしれません。やはりサウンドハウスの方が安い。

今回の記事は以上です!最後までありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

DTMer(作編曲)、ライブハウスPAエンジニア、ブロガー。
文明の利器で音楽制作を加速したい。

コメント

コメントする

目次
閉じる