オーディオオカルトに懐疑的なPAがマランツのライントランス「DLT-1」の音を聴いてみた感想

目次

対象読者

  • ライントランス、特にDLT-1がどういうものなのか気になっている
  • ひとりのPA(音響エンジニア)としてDLT-1に対する村人B(筆者)の感想を聞いてみたい

音響の先生がマランツのライントランス「DLT-1」を貸してくださり、3ヶ月ほど使ってみたので感想をまとめておきます。

「違いが分かるまで貸してやるから聴いてみろ(意訳)」的な言葉とともに授かりました。
出音の違いはすぐに分かったのですが、予想とは異なるなかなか興味深い性能でした。

ライントランスの果たす役割とは?

そもそも「ライントランスってなんのためにあるのか?」
あまり聞かない機材ですし、よく知らない方もいると思います。
諸説ありますが、「音源の劣化を利用し、良くない周波数を取り除くことで音質を向上させるもの」らしいです。
かつてはレコーディングの現場では使っているミキサーは回路がアナログでした。
その回路にトランスが組み込まれていて、それが自動的に良くない周波数、特に高域の良くない成分を劣化によって消してくれていたそうです。
時代が進歩してミキサーがデジタルになり、回路からトランスが排除されました。
その結果今までトランスが消してくれていた「良くない周波数」が収録された音源に入ってきてしまうことになりました。
ライントランスはトランスを後付けすることで良くない周波数を消去し、音質を向上させるアイテムなのです。

使用環境

音源データ元 Macbook Pro 2017 WAV 16bit 44.1kHz
↓USBケーブル接続
オーディオI/O Focusrite scarlett 2i2
↓フォン-RCAケーブル x 2 接続
ライントランス marantz DLT-1
→RCA-RCAケーブル x 2 接続
モニタースピーカー fostex PM0.3

普段使っているモニター環境に挟む形で接続して使用しました。
アースはDLT-1の端子を利用して取った状態でのレビューです。
(実際のアースをとった状態の写真はデメリットを述べたセクションに載せています。)
アースを取らない状態では私の環境ではノイズが混じってまともな音が出ませんでした。

固定EQのようなものだと考えていたが違った

実際に音を聴いてみるまでは、この手のものは「設定固定のEQみたいなもの」だと考えていました。
EQは周波数に対する変化を自分で決められますが、そういった設定は固定されてできないものという意味です。

DLT-1を通した状態で何曲か聴いてみたところ、固定EQのようなものではないと感じました。
曲によってDLT-1を通す前後の変化が、それぞれ異なっているように感じたからです。

高域の一部は確かに僅かに薄くなる

ライントランスの果たす役割については前述しました。
曲によって変化に違いはあるものの、全体で共通したことのひとつとして
「確かに高域が薄くなっているな」
と感じました。

しかし軽減された高域成分が「良くない周波数」であるようには私には感じませんでした。
おそらく私の先生の年代では「あると良くない周波数」であったものが、機材の変化によって私の世代では「あっても普通の周波数」として立ち位置を変化させていたのだと考えました。
つまり今の若い世代くらいだと「かつてトランスによって軽減されていた周波数」は「耳なじみのあるもの」になっている可能性があるということです。

高域の一部が消えるので、やや出音は「眠く」なります。
他の表現をするなら、うっすら優しくなるとか、ほんのり遠くに感じるとか、あたたかみが少し増すとかいった感じです。
モニター環境としてはデメリットですが、聴いていて疲れない感じがするのは良いと思います。

一部の曲ではベースとキックが感動的に良くなる

何曲か聴いたうち、感動するくらい良い変化をした曲がありました。
そのうちのひとつが米津玄師とDAOKOの「打上花火」です。

この曲のAメロでキックの音が鳴り始めるのですが、ハッとするほど良い音色になりました。
聴き慣れている方も多いと思うのでDLT-1を購入された際は聴き比べに使ってみてください。

他の曲でもキックやベースの音が良く聴こえるようになります。
「音量が上がったように感じられる」というより、「音の存在がリアルになる」ことで良く聴こえる感じです。

デメリットは接点が多くなること、アース線が必要になること

ライントランスは「間に挟む」形で使うものなので、必然的に接点は増えます。
そのため接点が増えることで音質の劣化を懸念する人や、オーディオケーブルの本数を増やしたくない人にはおすすめしにくいです。

また、このDLT-1はアースを取らないとノイズが混じって使えない可能性があります。
私はDLT-1本体のアース端子を利用し、LRそれぞれのInput/Outputの計4箇所をアースしたらノイズが消滅しました。

アースを場合はアース用のケーブルが本来であれば必要です。

しかし私は持っていなかったのと作るのが面倒であったのでアルミホイルを細工して代用しました。邪道です。

アルミホイルアース線代用の様子。見た目から邪道だがノイズはなくなる。

試聴だけこれで乗り切ればいいかなと考えていましたが、3ヶ月くらい経った今もこのまま使っています。
冷蔵庫や電子レンジのアースと違って「ノイズの原因になる微細な電流を逃してやる」ことができればいいので、これで充分なのだと実際に試してみて感じました。
これを真似する場合はRCA端子のアース部だけをアルミホイルに接触させるように注意する必要があります。
中央の信号部分もアルミに触れてしまうと信号が逃げてしまって、音のボリュームが明らかに減るのですぐわかります。

まとめ 確かに音は変わるので一聴の価値あり

オーディオ製品って「違いが分かる人には分かる」みたいな顔をして、実際は気のせいレベルのものが混じっている世界でもあります。
このライントランスを先生から借りた時も少し警戒していました。

しかしDLT-1は実際に聴いてみると確かに違いがあり、その変化は一長一短とはいえ、使いどころがあると実感しました。

まとめると

高域は少し減る(昔の音源に聴き慣れた人にとって、現代の音源の「良くない周波数」がカットされる)
(上の影響に付随して)よく言えば聴き疲れしにくい出音になる、悪く言えば少し眠い音になる
ベースとキック(バスドラムの音)がリアルな質感を帯び、聴きやすくなる

という感じです。

特に「最近の音楽はなんか嫌な音を感じるんだよなー」という人には試す価値があると思います。

それでは今回の記事は以上です!
最後までお読みいただきありがとうございました。

より詳しい商品情報を知りたい方は下のAmazonリンクからどうぞ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

DTMer(作編曲)、ライブハウスPAエンジニア、ブロガー。
文明の利器で音楽制作を加速したい。

コメント

コメントする

目次
閉じる