AIきりたん用楽譜をLogic Pro X(Mac)のみで作る方法を動画解説しました

フロー解説

1.Logicのプロジェクト作成

2.歌ってもらうメロディーをMIDIで打ち込む

3.スコアエディタを開いて歌詞を入力

4.「ファイル」→「書き出す」→「スコアをMusicXMLとして書き出す」で歌詞付きメロディー譜(MusicXMLデータ)を作成

5.作成したメロディー譜の拡張子を「名称変更」で「.xml」から「.musicxml」に変更する(完成!)

動画ではこの先に実際作った楽譜データがちゃんと使えるかの確認方法まで含めて実践しております。

解説動画作成にあたり参考にさせていただいた方々

tnantoka様
twitter:https://twitter.com/tnantoka

Dockerを用いてLinux版AIきりたんをMacで使えるようにしてくださったエンジニアの方。
解説記事:https://github.com/tnantoka/neutrino-docker


romot様
twitter:https://twitter.com/romotco

tnantoka様の作成した手法をDockerに詳しくない人でもわかるくらい丁寧に解説してくださった方。
実際の解説記事:https://note.com/romot/n/n87d2bb0448a8



おかげさまでMacユーザーの私もAIきりたんを使うことができました。



追記 「NEUTRINOにMacOS版追加」

2020/3/7よりNEUTRINOのver.0.103が公開され、MacOS版が公式で使えるようになりました。

NEUTRINO公式サイト:https://n3utrino.work/523/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

DTMer(作編曲)、ライブハウスPAエンジニア、ブロガー。
文明の利器で音楽制作を加速したい。

コメント

コメントする

目次
閉じる